電子書籍の仕組み
2016.12.20

subimg04本を読むという方法は、仕事から趣味まで欠かすことができない知識の吸収の方法ですが、以前は紙で出来た本や雑誌を読むことで知識を得ていました。また趣味としても娯楽ということで本を購入して読んだりしていました。小説やマンガ、その他様々な趣味などで楽しむことができました。その後インターネットの普及で、電子書籍が生まれて今に至りますが、その仕組みも興味深い内容が多くあります。例えば、インターネットではデータが本の役割をしています。それまでは紙が本になりました。その点だけでも非常に大きな変化で、最初はなかなか理解できない状態でもありました。メリットとしては、データなので、印刷をしなくてもすみますし、本屋で販売しなくてもすみます。

すべてデータでやり取りができる仕組みですので、非常に便利で簡単になりました。費用面でも印刷をしないですし、本を積み上げる必要もないので保管も楽になるというメリットがあります。購入者も保存するのに楽ですし、価格も安くなるということもあり、手にれやすくなります。同じ本でも電子書籍の方が安くなっているのが普通です。また、データですので絶版になるということがありません。保管が面倒になるということもないですし、場所も取らないので何かとコストがかからずに利用できます。また読む方法としてもダウンロードして所有する方法とオンラインで閲覧をして読むという方法があり、どちらも便利です。また、提供する業者も多く、たくさんのサイトがありますので、手に入れるのにも閲覧するのにも非常に便利です。

読む場合にも、以前は専門の機器が必要でしたが、最近ではパソコンでもスマホでも読むことができるので、わざわざ読み取るための機器を購入する必要もなく楽しむことができます。読書家の夢であった書斎を持つという点でも、インターネット内の仮想空間に好きなだけ豪華な書斎を持つことができるので、その点からも便利な時代になりました。たぶん将来はバーチャル化して、実際に書斎にいるような空間を仮想空間の中に持つことができるようになるでしょう。バーチャルゲームのような感覚です。そのこともこれからの楽しみのひとつですが、今は、インターネットのサイトで好きな小説やマンガ、雑誌を読む方法が人気です。とくにコミックを無料でお試しで読むことができるサービスは、マンガを楽しむ人には非常に魅力的なサービスになっています。インターネットだからこそできるサービスでもあります。

▲ ページトップへ